アメリカのカジノ状況

アメリカのカジノ状況

みなさんアメリカのカジノといえば、ゴージャスな雰囲気がありとても大規模、世界の中でもトップを争っているというイメージでは??より明確にしていくためこれからアメリカのカジノ状況を説明していきたいと思います。

 

米国のカジノ市場は全体として明らかな供給の多さ、そして多数の同業種企業間との激しい経済競争も悪い方向に入り込んでいます。アメリカでは合計930ものカジノが働き動いています。

 

このうち、17の州でコマーシャルカジノ(民間商業施設)は合法化されており、合計464の施設が動いています。

 

コマーシャルカジノには、陸上(ランドベース)と、主にミシシッピー川流域にあるリバーボート(船上カジノ)があります。

 

一方、トライバルカジノ(米国先住部族民の所有)は28の州、合計466の施設が稼働しています。このようにアメリかでは大規模なカジノが位置しています。

 

そしてラスベガスでは総合エンターテインメントとして成長をとげています。

 

ラスベガスは、1990年代にカジノ中心のビジネスから、テーマパーク型のホテルや大型のショーに焦点を当て、総合エンターテイメントへと路線を変えることにより成長を続けてきました。

 

今やラスベガスは、ボクシングなどのスポーツイベントや人気歌手のコンサートマジックショー、シルクドソレイユ、など、イベント業に定着している面も存在している。

 

またラスベガスのホテルや街そのものがテーマパークの中にいるような真逆の雰囲気を提供することで、アメリカ全土から、そして世界中からの観光客を呼び込むことに成功しています。

 

なので、現在のような収益構造となっています。そのため、カジノが収益に占める割合は相対的に小さくなっている状態です。

 

一方でアメリカの地方カジノでは、大半がカジノの収益となっております。

 

顧客の多くは車で数時間の50マイル(約80km)圏内の周辺住民となっており、モデルは大きく異なります。

 

また、地方カジノは現地のアメリカン以外では入館許可がされにくいとも言われており、アメリカにとって地方カジノは別の意味合いを持っています。

 

米国のカジノ業界では以外にも過去数年間でスロットマシンからの売上の幅が落ち続けている。

 

カジノの売上の多くはほぼスロットからであり、業界としては深刻な問題である。

 

近年の若い世代は洗練されたビデオゲームに慣れ楽しんでいる。ミレニアル世代にとって、ボタンを押して勝つか負けるかの勝負スロットは楽しいものとはいえない。

 

過去数年でラスベガスに訪れる観光客の数は15%以上減少している。また、ミレニアル世代は旧世代に比べ、ギャンブルへの支出額がより少ないことも明らかになっている。

 

若い世代を取り込むためにもカジノ業界は新しいタイプのギャンブルを模索している。取り組みの一つにはGameCo社によるものが挙げられます。

 

ここではビデオゲーム・ギャンブリング・マシン(VGM)と呼ばれる製品群をカジノに提供しています。

 

ビデオゲーム・ギャンブリング・マシンでは利用者がビデオゲームのスキルを競い、ゲームの技量に応じて支払いを受けます。

 

自動車のレース形式のものや一人称視点を利用したシューティング、パズルや宝探し、格闘ゲームマルチプレイヤーのバトルゲーム等、様々なものが設置されています。

オンラインカジノ基本情報カテゴリの最新記事