オンラインカジノって違法じゃないの?

オンラインカジノって違法じゃないの?

カジノをすると違法になるからオンラインカジノも同類で、プレイしたら捕まっちゃうんじゃないの?と思っている方も日本ではまだまだ多いのではないでしょうか。

 

日本社会にも闇カジノ・裏カジノなどと呼ばれる裏社会の資金源となる非公式の賭博場があり、かの有名スポーツ選手もそこで検挙されてしまうニュースが一時期飛び交いましたよね。

 

こんなニュースばかり見ていればカジノでプレイしてしまうと自分は捕まってしまうんじゃないかと不安な気持ちになるのも仕方ありません。

 

もちろん日本でカジノ賭博をしてしまうとカジノを提供している者もそのお客さんも賭博罪で捕まってしまいます。

 

しかしカジノはダメだよと禁止していたそんな中、最近ではカジノ法案が通ったりと日本政府のカジノに対しての意識が少しずつ変わってきている流れがあります。

 

そりゃ世界各国でカジノを運営されている国々がたくさん存在するのですから日本も負けていられないですよね。

 

実際に日本がカジノを運営できるようになれば、日本のカジノを目指して世界中から外国人の観光客がたくさん集まって来てくれて、その観光客が宿泊、飲食、娯楽などなど様々な市場でたくさんお金を使ってくれれば日本の観光業界もカジノに付帯する業界も経済効果抜群ですよね。

 

その上カジノが国営となれば日本としては税収が増えるのでなんとしても成功させたいところだと思います。筆者個人としても日本にカジノを作って欲しいと心から願っています。と少し話が逸れてしまいましたが、日本の国としてもカジノへの意識はかなりポジティブなものになっています。

 

そして読者の方々が一番気になっているのが、結局日本でオンラインカジノを運営すると捕まるのか捕まらないのかどっちなんだということだと思いますが、日本でカジノをプレイすると捕まります。もちろん闇カジノ・裏カジノなんてもっての外です。

 

ただし、海外の法人が運営するオンラインカジノを日本でプレイしても捕まる可能性は現状でいうと限りなく0に近いと考えられます。その理由としては3点あります。

 

まず1点目、先ほどもお伝えした通り日本の国自体がカジノに対しての意識がポジティブになって来ている点。

 

2点目、そもそもオンラインカジノのライセンス取得した海外の会社が運営しているオンラインカジノを日本でプレイした場合、基本的にはその当該国の法律が適用されるため日本では法律的に裁きたくても裁ききれないという点。

 

そして最後にダメ押しの3点目、2016年にオンラインカジノを日本でプレイし捕まった方が出ましたが、不起訴となり言わばお咎めなしとなりました。

 

実際の判例は法律のかなり専門的な内容となるので簡潔に噛み砕いてまとめてみると、賭博罪で裁こうとした際に日本の法律では賭博を提供したもの(胴元)を検挙する目的のために賭博者(客)を検挙するという内容となっています。

 

しかしながら胴元は海外のオンラインカジノ法人のため日本の法律では裁くことができないのです。そのため胴元を裁くことができない限り、賭博者(客)を裁くことも到底できないという審判が下されました。

 

前述で海外の法人が運営するオンラインカジノを日本でプレイしても捕まる可能性は現状でいうと限りなく0に近いと考えられます。と微妙なニュアンスに少し引っかかった読者の方もいらっしゃると思いますが、法律が変わる可能性は0ではありません。

 

現状では賭博者しかり胴元ですら裁ききれないため捕まる可能性は0に近いので、カジノ賭博関連のニュース記事はある程度目を光らせリスクヘッジしながら、と言っても法整備されるのもまだまだ先の話なので違法ではない間にオンラインカジノを楽しんでいただければと思います。

 

オンラインカジノ基本情報カテゴリの最新記事