コロラドカジノ

コロラドカジノ

コロラド州ではオリジナル性のカジノが存在するそれが「ユテ族」によって営業されている「インディアン・カジノ」である。インディアン・カジノは、北米アメリカ連邦に属するアメリカンインディアン部族が運営するカジノであります。全米のインディアン部族の主幹産業のひとつであります。

 

カジノ事業は今を生きるインディアン部族にとっての大きな経済収入のひとつで、部族の方が運営するインディアン・カジノは、インディアン部族の必要不可欠な産業となっています。保留地が狭い地である部族には、カジノが唯一の収入源である場合も多く存在し、その規模の大きさもビンゴ場だけの小さなものから、レストランやホテル、温泉、劇場、ゴルフコースなどを備えた一大娯楽施設まで多種多様であります。「山のカジノ」は1992年に開設され、古参の「インディアン・カジノ」であります。

 

カジノに関する新しい州法をコロラド州議会は2009年7月2日より発布しました。これは掛け金の上限を100ドルに増やし、サイコロ博打とルーレッを追加し、カジノの24時間営業を認可している。

 

同州ではカジノは州を上げてのビジネスとなり、資源のない山間の保留地に住む「山岳ユテ族」にとってカジノは、唯一の産業となり貢献している。現在、部族員の8割が「山のカジノ」で働いております。保留地外に流出した部族員を呼び戻すなど、多大な効果を上げています。

 

Black Hawkはかつて鉱業で栄えた小さな街であり、昔では人口が少なかったコロラド州だが大勢の人々が来るようになりゴーストタウン化も免れた。現在はカジノが立ち並ぶギャンブルの街として発展しています。

 

様々な地域の方から日帰りでギャンブルを満喫できるということで人気のエリアです。

 

人気である特徴的な店

Colorado central stationではかつて鉄道の駅だった建物を利用して作られたカジノ。建物の横には蒸気機関車が展示され、店内には食事ができるフードコートも設置されています。

 

三階に位置しているThe Gilpin Poker Roomではポーカーのトーナメントが行われています。ビクトリア調の外観を持つ建物は1869年に建てられ、とても歴史観があり昔の雰囲気を今でも感じることが可能です。

Fitzgeralds casino では約600台ものスロットマシーンが設置されています。カジノの本場であるラスベガスにも店舗があります。

 

Isle of capri casinoではこのコロラドで最大級のカジノであります。南国の雰囲気が漂っている館内には約1000台を超えるスロットマシーンやビデオポーカーが設置されています。ホテルも併設されており宿泊も可能、一日中楽しんでみては?

 

Ameristar casinoは1600台以上ものスロットマシーンが設置されているコロラド最大級のカジノです。12のブラックジャック用テーブルと、14のポーカー用のテーブルも用意されています。他にも食事のできるビュッフェやStarbucksも入っている、息抜きにカフェでリラックスもできるカジノで、お勧めです。

世界のカジノの場所カテゴリの最新記事