フランスカジノ

フランスカジノ

今回はあのヨーロッパが誇るフランスのカジノ事情について書き記していこうと思います。実際、フランスに行く前に知っておきたい知識として、通貨問題があります。

 

フランスではユーロ通貨が使われますので、円は使えません。

 

最近では電子マネーが使えるところもある多いですが、まだまだ発展しきれていない地域もあるので念のため、換金してからフランスに入国することをお勧めします。(余談ですが、為替レートによってはフランス国内で換金した方が良いケースもございます。)次に、フランスでのマナーです。

 

日本のマナーは世界的にも有名ですが、フランスではフランス独自の文化があり、マナーに関しても現地人はすごく厳しいです。(例えば、チップ文化など)ヨーロッパやアメリカにはチップの文化が根付いていますが、日本にはありません。

 

感謝の気持ちとしてチップを払い挨拶を行う。これがヨーロッパ流の形のあるお礼、感謝なのです。

 

以上の点以外にもフランスに渡航される際に気をつけておいた方がいい点はたくさんありますので、渡航を考えている人は一度全てのマナーを確認した方が良いでしょう。 フランスのカジノには高級なものもあれば一般庶民に馴染みの深いカジノまで存在します。

 

とてものんびりとした雰囲気で誰でも気軽に遊べるというのがフランスのカジノの特徴です。アメリカ同様、入場の際のセキュリティーチェックがとても厳しく身分証明証がなければどんな人でも入場することはできません。

 

とても厳しいとこなら身分証明の他にも指紋認証を取らされるケースもあり、いかにセキュリティーが厳重かが伺えます。

 

フランスのカジノはテーブルゲームは比較的少なくスロットが多いです。フランスでは高級ホテルにカジノが設置されているのがほとんどでカジノを楽しみながら休憩時間にレストランに行ったり、買い物に行くこともできます。宿泊者としてカジノに訪れることをお勧めします。

 

なぜなら、宿泊者ならホテルの閉館時間を気にせず時間を忘れて遊べるからです。宿泊者でなければホテルの時間がきてしまうと強制退出させられるケースもありますので、お気をつけて。また、ホテル内部のカジノの中にも特別な「専用カジノスペース」というエリアがあり、本格的にカジノを楽しむ人にとっては特別感があり、とても優雅に遊ぶことも可能です。最後に言語による問題が一切ないということです。

 

多くのカジノには英語が話せるディーラーが多数います。もし、英語がわからないとしても旅行観光客の中には日本人も多いみたいですのでカジノを友達を作るきっかけとして絶好の機会です。

 

フランスのカジノはアメリカのラスベガスやリノと違い、富裕層から庶民層まで幅広いお客さんがいるので自分に合ったスタイルでのんびりとカジノを遊ぶことができます。ディーラーもとてもフレンドリーなのでカジノ未経験者の人からすると、もってこいの雰囲気感なのです。

 

日本の法律や日本にカジノが無いため、日本のほとんどの割合の人がカジノの空気を味わったことのない人が多いと思います。

 

日本人にとってフランスのカジノが段階を踏んで行く上ではとても良い環境が取り揃えられており、ディーラーの中には日本人観光客が大好きな人もいるので、ちょうど良いアドバンテージです。のんびりとしたフランスのカジノですが、決してそうではない雰囲気があるカジノもありますので、フランスのカジノ全てがのんびりというわけではないのが現状です。

 

フランスのカジノで一攫千金できれば、他のヨーロッパ国のカジノにも足を踏み入れてみると面白いかもしれませんね。

 

国によってマナーや様式が様々なので、どうせヨーロッパに行くならカジノの違いを明確に肌で漢字に行くのも文化体験になるかもしれませんね。

世界のカジノの場所カテゴリの最新記事