フィリピンカジノ

フィリピンカジノ

服装はスーツやドレスのような綺麗めな格好をしていかないと入場を断られてしまう、アメリカ、ラスベガス、リノのカジノとは大きく違うフィリピンのカジノ。

 

余程みだらな格好でない限り入場を断られません。ただ、チップの文化はアメリカやヨーロッパと同じであります。フィリピンのカジノはホテルに併設されているところも多いため、レストランやショッピングモールなどもあります。

 

日本人にとっては考え深いですが、フィリピンには素手で食事する文化があります。

 

余談ですが、一度の食事で全てのご飯を食べきってしまうと相手からは「まだお腹が減っているんだ」と認識されることがあるため、あえて少し残すという文化があります。

 

フードロスしまくりですね。

 

そんなフィリピンのカジノ 状況を今回は書き記したいと思います。

 

フィリピンに行ったことがある人ならわかると思いますが、現在のフィリピンは貧困格差が激しく、日本人のような服装をしていると観光客だということで金品を盗まれてしまうケースが少なくありません。

 

そんな国の富裕層の人たちは皆、陽気で日本人のように仕事に追われているようには見えません。

 

そんな様子がフィリピンカジノ 運営側には伺えます。

 

カジノのお客さんはほとんどが外国人などで完全に自国の特徴を生かしたインバウンド戦略が功を奏しています。フィリピン国内には数カ所、政府機関公認のカジノ があります。

 

フィリピンのカジノと他の国のカジノとでは決定的な違いがあると言われています。

 

それは「アットホーム感が強く常に賑わってる一つの家」のようなカジノだということです。理由は地域密着型の取り組みが施されていて運営側の団結力、組織力がまるで兄弟関係のようだからです。

 

フィリピン政府公認のオンラインカジノは日本にも多数存在し、多くの日本人ユーザーがそのオンラインカジノを使っているそうです。

 

やはりフィリピン政府はかじのに対してとても協力的で強調的なんだと伺えます。

 

日本とは正反対ですね。これから大阪にカジノができるので日本政府もカジノやその他のギャンブルに対してもっと明るい伝え方をしくれないかなと個人的には日本政府に密かに期待しているところがあります。実際、日本にカジノができれば、観光客はさらに増える。それも結構な富裕層誘致が始まる。

 

そうなれば必然的に日本は国際的な動きをもっと加速させなければならない。

 

そんな時に必要なのが、フィリピンカジノでよく思われている地域密着型の取り組みを行うことで、ギャンブルに対して印象の悪い日本でもそのイメージを払拭できるんじゃないかと考えている。

 

すこしばかり話が脱線してしまいました。ついつい日本について語るときは暑くなっちゃうんですよ。申し訳ありません。そんなフィリピンのアットホームなカジノは初心者から中級までの人にオススメです。

 

やはり、上級者になると、特別な空気感やワイワイ、したくないというお客さんも必ずしもいます。そんな人は特設ルームのあるような(ラスベガス、リノ、フランス)のようなところを活用する方がいいです。

 

ただし、初球から、中級層の人たちには確実にオススメです。国によってカジノにあるチップの相場はありますが、日本人にとってフィリピンのチップの相場はかなり安いと思われます。

 

まず、フィリピンの物価がまだ安いのでこのような現象が起きているのでしょう。ただ、カジノ内部の飲食店さんの相場は世界基準ということもあり、なかなかいい値段します。

 

このように国の特徴をわかった上で現地に足を踏み入れてみて実際の状況、空気感を目で見て肌で感じることができれば、本当の意味で外国のカジノに行くという目的に深みが増しますよね。

 

体験したこと、生で感じたことは絶対に忘れませんから。

世界のカジノの場所カテゴリの最新記事