オンラインカジノは税金が発生する

オンラインカジノは税金が発生する

初めてオンラインカジノをした人でほとんど気づかずに後から問題となるのが、オンラインカジノには税金がかかってしまうという点です。オンラインカジノの稼ぎ勝ったお金は一時所得というものにあたるのです。

 

え、一時所得ってなに?と思われる読者の方もいらっしゃると思いますので、一時所得を簡単にいくつかの分類にしてまとめてみました。

  1. 懸賞や福引きの賞金品、競馬や競輪の払戻金
  2. 生命保険の一時金や損害保険の満期返戻金
  3. 法人から贈与された金品
  4. 遺失物拾得者や埋蔵物発見者の受ける報労金

などが挙げられます。

 

ここでいう1.の懸賞や福引きの賞金品、競馬や競輪の払戻金にオンラインカジノで買ったお金は該当するのです。

 

一時所得に対する税金と一口に言われても難しい内容は困ると思ってしまうところですが、この一時所得に対する税金の算出方法さえ覚えてしまえば計算するだけなので、なんら心配する必要は一切ありません。

 

一時所得の計算方法

一時所得=カジノで勝った収入金額-カジノで勝つのに費やした支出金額-※特別控除額】という計算式となります。※特別控除額は最高50万円です。

 

カジノで勝った金額収入金額(儲け)から勝つのに費やした支出金額(賭金)を引いて、特別控除額を引いた金額が一時所得となるので、500,000円未満の儲けだった場合は特別控除額として控除されるので、納税する必要はなくなり、サラリーマンの方の場合は給与以外に200,000円以上の収入がない場合は確定申告の必要もないのです。

 

簡単にまとめると700,000円以上の儲けがない場合は確定申告をする必要がないのです。

 

ただし、特にサラリーマンの方が確定申告する際に注意しないといけない点があります。

『確定申告書の給与所得者がその他の所得にかかる住民税の徴収方法』の欄にある『普通徴収』にチェックを入れること絶対に忘れないでくださいね。

 

チェックを入れなかった場合、副業禁止の会社に勤められて入れば問題となってしまいます。

 

チェックを入れさえすれば、住民税徴収票が家に届くのでなんら問題が発生することはありません。

 

せっかくオンラインカジノを楽しんでいるのに本業に支障をきたしてしまうのは元も子もないので、該当する読者の方は注意してくださいね。

 

そして儲けが大きく出た際の計算例をお伝えします。例えば3,000,000円の儲けがあったとしてその儲けを出すまでに1,000,000円を賭けた場合だと2,000,000円が残りますね。

 

ここから特別控除額の500,000円をそこから差し引き、1,500,000円が一時所得という計算になり、そのうちの50%が課税対象となりますので、750,000円が税金となります。

 

そんなに税金で納めないといけないの!?と思う方もいらっしゃると思いますが、本業での年収や諸経費などが入ってきますので、税金額の増減はかなり個人差が発生するかと思います。

 

ざっと重要なポイントのみをまとめてみました。途中で気になっていた読者の方もいたかもしれませんが、なぜ競馬や競輪の払戻金には税金が発生しないのにオンラインカジノには税金が発生するのかについて、余談にはなりますがご紹介したいと思います。

 

そもそも競馬、競輪、パチンコなどは現金での払戻をされますよね。

 

これと違ってオンラインカジノは銀行口座に振り込まれますので、銀行口座の記録に残ってしまうのです。

 

この記録に残るか残らないかが税金の対象となるかならないかの簡単な違いとなります。記録が残らないものは税務署が把握できないのです。銀行口座を経由するオンラインカジノは税務署が把握できるので課税対象となっているのです。

 

ただしオンラインカジノの還元率は他のギャンブルと比べて圧倒的に良いので、手続きの手間は少しあるかもしれませんが、それさえきちんとやっていれば他のギャンブルよりも稼ぐことができるのです。

オンラインカジノ注意点カテゴリの最新記事