バカラ

カジノゲームのバカラとはカジノの中でもプレイする人の多い人気ゲームの一つです。バカラゲームは胴元側(カジノ側)の取り分がかなり低いゲームのためギャンブル好きのユーザーやお金持ちのユーザーが好んでプレイしているゲームなのです。

 

世界中のカジノでものすごい人気を誇り、プレイする人数も多いので世界中のバカラで大金が動くのです。

 

そのため日本にはまだカジノができていませんが、海外のカジノでは大金を動かすプレイヤーが多いので、VIP待遇でもてなすためのバカラ専用VIPルームを用意していたりもします。

 

ここで始めたての読者の方も早速バカラやってみよう!でもどうやってゲームすれば良いの?難しいルールなんじゃないの?と思う方もいらっしゃると思いますが、ご心配なく!

 

バカラはルール自体がとても簡単かつリターンの大きくなるゲームなのです。

 

ゲーム方法をわかりやすく簡潔にまとめてみました。

 

まず基本ルールとしては胴元役とプレイヤー役の仮想の人物が二人居るのを想像してみてください。

 

そしてこの仮想の二人がトランプでゲームをするのですが、このトランプゲームによって胴元役かプレイヤー役のどちらが勝つのかを予想して賭けるゲームがバカラなのです。

 

これのゲームに賭けるお客さん、筆者の私を含む読者の皆さんのお金を賭ける側のプレイヤーができることは競艇や競馬と同じように勝つ馬や艇を予想することだけで、それ以外にゲームに介入することはできません。

 

簡単にまとめると賭ける側のプレイヤーはどちらが勝つかを予想することのみでバカラに参加できます。

 

胴元役とプレイヤー役の具体的なルールとしては日本でいう株のゲームにそっくりで、株のルールを知って居る方はそのまんまじゃんと思うかと思います。

 

このルールというのがトランプを用いてそれぞれ胴元役とバンカーに配られるトランプカードの点数合計によって勝敗が決定します。トランプのAは1点、数字のトランプはそのままの点数、数字の10は0点で、絵柄のトランプカードで10以上になった場合はその数字の一桁までが点数となります。

 

Qであれば12なので、バカラでは2点となります。どの合計点数が一番強いの?というとこですが、一番強い点数は9点で、順番に8点、7点となり0点が一番弱い点数となります。

 

要は9から下の点数が徐々に弱くなっていきます。

 

まだ少し理解に苦しむという方のために実際の計算を出してみますね。

 

胴元役にトランプカードのAとK、プレイヤー役に2、3だとします、この場合、胴元役の合計点数はAの1点とKは13ですが10は切り捨てるので1桁目の3が点数となり3点、1点と3点を合計した4点となります。

 

またプレイヤー役はトランプカードの2、3なので点数はそのまま2点と3点で合計が5点となり、胴元役とプレイヤー役の勝敗はプレイヤー役が勝ちとなるのです。

 

このゲームであなたがプレイヤー役にベットしていた場合はあなたがこのゲームの配当を受け取ることがことができます。

 

かなり簡単なルールだと思いませんか?そうルールはとても簡単なゲームなので世界的にも人気があって参加しやすいのでしょう。

 

これからオンラインカジノを始めようというあなたもルールが簡単なのでルールがわからなくてストレスを感じずに楽しんでいただけるかと思います!

オンラインカジノゲームの種類カテゴリの最新記事