31システム

31システム

ここでは31システム法について紹介していきたいと思います。カジノをやる上で様々な手法がありますが、31システム法というのはカジノ初心者でも簡単に使えるとても使いやすい手法となっているため始めは31システムを使ってから違う手法を使っていく流れが基本的です。

 

最初に31システムを使って勝ち方を覚えることでカジノをやっていく上で手法の大切さが身をもって感じることができると思います。

 

31システムの特徴は、資金管理がしやすいというのと2連勝すれば利益が確定し即効性があるため、初めて手法を使う人からすれば使っている実感が湧きやすいでしょう。

 

さらに、負け額の合計は大体3500円くらいが上限となりますのでそこまで大きく負けることはないため始めやすい方法と言えるでしょう。

 

この31システム法を使うべきカジノゲームはルーレット、バカラ、ブラックジャックと言った勝率がはっきりと50%であることと、配当が二倍以上である条件であれば31システム法の効果が発揮します。

 

カジノの有名なゲームであれば基本的に試せることができますので挑戦してみましょう。

 

この31システム法というのは9回の勝負の中で2連勝すれば利益が確定するというのが大きな特徴です。ここさえ押さえておけばいつ使うべきか、カジノをやっている中でわかってくるはずです。

 

下記の図のようなステップで次の単位にベットしていきます。一度勝てばステップをあげて2連勝目に勝ちます。

これの合計値が「31」ですので31システム法と呼ばれています。

 

「二連勝した時」か「連勝がなく9回まで終わったとき」このどちらかになればステップが終了するため、スッテップ1から始め直します。

 

コツとしては、利益が出た時点で1サイクル終了するのがおすすめです。

 

どれだけ儲けれることができたか覚えれるようにメモで書きおこしておきましょう。31システム投資法は、資金を31ドルに設定しているため、万が一9連敗してしまったとしても失う金額は最大で31ドルで済むのでリスクが少なく低資金から始められる必勝法となっています。

 

必勝法が失敗してしまった場合は、31システム投資法では損失額を回収することができません。

 

31システム投資法は、もともと勝率の高い50%のゲームで使用する賭けとなりますので、最後まで負け続けることは非常に稀ですが、万が一負けてしまった場合は、損失額がすべて回収されるまで表の賭け金を2倍にした金額で勝負を行ってみると良いでしょう

 

31システム投資法は『1,1,1,2,2,4,4,8,8の順で賭ける』投資法ですので、少ない賭け金で少しずつ利益を出すことができるので、ローリスク・ローリターンな方法になります。31システム投資法の使い方は、勝敗確率1/2、配当1倍のゲームで使用します。

 

まとめとして31システムのメリットは、連勝すれば必ず利益を出すことができ、もし連勝ができなくても31以上負けることがないため資金の底がつきにくくなっています。31システムのデメリットは、連勝がなければ利益を出すことができなく、最初のうちは表を見なければわからない点が挙げられるでしょう。

 

最初のうちにオンラインカジノで表を見ながらやることで慣れてきたら表なしでもできるので練習すれば誰でも表を見なくてもできるようになるため是非挑戦してみてください。

カジノの勝ち方カテゴリの最新記事