チャンピオンゲーム法

チャンピオンゲーム法

カジノがある国ではたくさんの必勝法が存在し、その必勝法を使いお金持ちになったりあるいはカジノの運営を追い込んでしまうほどの強さも持っている場合もあります。

 

その中にモナコ王国のモンテカルロカジノを廃業にまで追い込んでしまった必勝法「モンテカルロ法」があり、それをさらに改善したものが「チャンピオンゲーム法」と言われるものです。

 

チャンピオンゲームがどのようなものなのか具体的に説明していくと、トーナメント方式の要素が強い必勝法になっています。カジノを長年やっておられる方ですらまだこの必勝法は使っていないと言われる方が大勢おられるのでまだカジノを始めたばかりの方にはこの「チャンピオンゲーム法」は難しいかもしれませんね。

 

しかし何も知らないのと知っているのでは大きな差がありますのでここで少し「チャンピオンゲーム法」を学んでいって来るタイミングで利用して見てください。

 

チャンピオンゲーム法というのは簡単に言うと予選と決勝に分けて勝負をするというちょっと変わった方法です。

 

カジノを始めたばかりの人には少し複雑と言われている、チャンピオンゲーム法ですが、焦って順番を間違えたりしないように、ひとつずつ確実に覚えて行きましょう。

 

オンラインカジノであれば誰にみられてるわけでもなく自分のペースでカジノを楽しむことができますので落ち着いて利用していきましょう。ブラックジャックやルーレットの赤・黒やハイ&ローなどでチャンピオンズゲーム法を利用することをお勧めします。

 

勝負に段階を踏んで予選で勝負をすれば決勝で戦法を変えて勝負をしていきます。第一段階、第二段階というものがあり予選を通過してチャンピオンステージで勝つのが第一段階。

 

次に第二段階で予選があり、そこでグランドチャンピオンステージで勝利をすると見事達成という形になるのです。予選のゲームを勝ち進まないと決勝に進むことは出来ません。破れてしまった場合、また予選のゲームの始めからやり直しとなります。

 

チャンピオンズゲーム法は上記にも述べましたが複雑ですので確実に紙とペンが必要になってきます。プライドでカジノをするときに紙とペンは必要ないとおっしゃられる方もいるのですがオンラインカジノの場合は人目を機にする必要のないため思う存分利用していきましょう。

 

定義としてまず、利益配分を10としたときに第一段階で4、第二段階で6という配分になります。最初の第一段階の予選では「1.1」と書いたメモを用意して数字の両端を足した数「2」を賭けます。

 

勝利することができればそのままチャンピオンステージに上がれますが、負けた場合は「1.1.2」となり次は両端にあたる「1」「2」を足した「3」を賭けます。これは勝つまで続けなければ次のステージに行けません。

 

そして勝つことができれば両端の数を消してすべての数字が消えたらチャンピオンステージに行くことができます。利益2を賭けたチャンピオンステージで勝負をしていきます。

 

これに勝てば第一段階が終了となります。負ければまた予選からやり直しです。

 

次に第二段階では予選のメモに「1.1.1」と書いて第一段階と同じように両端の数字を足した数を賭けて勝負をしていきます。すべての数字が消すことができれば、予選を勝ち上がったことになりグランドチャンピオンステージに進み最後の手部に出ます。すべてに勝ってはじめて利益が10達成ということになります。

 

チャンピオンステージとグランドチャンピオンステージの区別はしっかりとしておかなければややこしいルールのチャンピオンゲーム法が余計に複雑になります。

 

負けが続いてしまうと資金がすぐに底をついてしまいますので引き際をしっかりと見極めなければなりませんね。

カジノの勝ち方カテゴリの最新記事