ダランベール法

ダランベール法

フランスの数学者・物理学者・哲学者のジャン・ル・ロン・ダランベールが開発したと言われる手法があり、とても単純な戦法です。

 

・負けた時に賭け金を1増やす

・勝った時に賭け金を1減らす

 

このルールさえ知っておけばダランベール法は理解できます。下記にわかりやすくまとめた図があるので参考にして見てください。

 

 

ダランベール法について詳しく説明していきたいと思います。 カジノゲームの攻略法として有名な方法の中の一つとしてダランベール法があります。

 

先ほども述べたように、この方法というのは18世紀のフランスの数学者ジャンダランベールが発明した方法として世に知られていて数学者の中では一目置かれている存在になっています。

 

数学者の中でダランベール法は複雑で難しいものとして有名ではありますがそれは学者たちが深く考えているためでカジノに応用したら素人でもわかるように簡単で覚えやすいものです。

 

カジノをする上でダランベール法を用いて行っている方がたくさんいるので周りでこの手法を使っておられる方もいるかもしれません。

 

そもそもはマネーマネジメントの戦略として使われてダランベール法が有名になったのですがいつの間にか、カジノなどのゲームでも使われルようになりました。

 

わかりやすく1、10、100の数字を使って説明すると、計算方法というのはシンプルでわかりやすく負けるたびに掛け金を増やしていき勝つたびに掛け金を一単位減らしていくということです。

 

一単位というのは自分で決めて掛ける金額のことです。10ドルを一単位としたら10単位は100ドルという風になりますし、一単位を100ドルとしたら10単位は1000ドルという風に自分の資金と相談しながらうまく運用していかないといけないため計画祭が非常に重要になってきます。

 

この掛け方ができるのは基本的には確率が50%もしくはオッズ2倍賭けのときに用いることができる方法です。

 

上記でも軽く述べたように、このダランベール法というのは大勝ちするというよりはどのようにして負けないようにするかという考え方ですから、勝つか負けるかの勝負をずっとしたくて一発で資金が底についても良い人であればダランベール法は合わないかもしれませんが、友達同士でカジノに行って長い間楽しみたいという人にあっているのかもしれません。

 

 

ダランベール法のメリットとしては勝っている時でも負けている時でも、資金の増減が緩やかになるのが特徴です。

 

仮に連敗が続いてしまっても次の勝ちで一気に取り戻せる訳ではないですが、ある程度までは取り戻せルことができます。

 

すぐに大勝ちしたいという人にはあまり向いてなく長期的に見て勝てる手法になっています。ルーレットやバカラ、ブラックジャックなどの1/2の確率で配当が2倍以上のゲームでダランベール法が有効になってきます。

 

ダランベール法のデメリットとしましては、連敗を重ねるとどうしても負けが込んでしまいます。

 

その連鎖に入ってしまうとなかなか抜け出せなくなってしまうので気をつけなければなりませんが、どの酒保を誓ったとしても負け込んでしまっては実際にどんな方法でも負けるときは負けますので自分の中で何連敗まではプラス1し続けるというようなやり方でやっていきましょう。

カジノの勝ち方カテゴリの最新記事