グッドマン法

グッドマン法

グットマン法というのは、買った掛け金を倍賭けしていくものです。

 

この手法はバーレー法で紹介したので一緒ではないかと思うかもしれませんが、バーレー法との大きな違いは、掛け金を倍にしながら利益を残していくやり方がグッドマン法の大きな特徴でありバーレー法との決定的な違いです。

 

バーレー法のメリットとしては、勝てば勝ち続けるほど利益は倍になっていくのですが負けた瞬間利益が一気になくなってしまうのがバーレーのデメリットになります。

 

ですので難しいのはいつやめる時なのかをしっかりと分析して見極めていかなければいけません。そんな中で派生的に生まれたのがこのグッドマン法ですが、別名1235法と呼ばれております。

 

これは名前の通りに「1 2 3 5」を順番に賭けていくというものです。たとえばルーレットなどの赤黒で1ドルから賭け始めて勝ち続けたとすると賭け金を2ドル3ドル5ドルと順番に賭け金を増やしていくというやり方です。

 

そして4連勝以上した場合は連勝する限り5ドルを賭け続けるという方法です。このグッドマン法の特徴というのは2連勝さえしてしまえばなんと損失は出ないというまさにグッドな攻略法なのです。

 

すごくリスクが少ない割にハイリターンななる可能性があるため新しいカジノの必勝法として注目されています。

 

ただし負けないと謳って入るのですが、負けない代わりに3連勝以上しなければ利益にならないということもあります。ゲームで3連勝というのは思った以上に難しく何度もなんども挑戦しないと利益につながることは難しいかもしれませんね。

 

グッドマン法は勝率が50%のゲームで最大の効果を発揮することがわかっています。

 

50%のゲームでグッドマン法を使用することでリスクを最小限にして勝ちを狙いに行けることができさらに2回以上勝ち続けることができると、負けた場合でも資金が減ることはありません。グッドマン法のメリットとしては連勝数が多いタイミングで使用すると効果が絶大になりますし、また連敗が続いていたとしても大きな損失になることは基本的にはありません。

 

さらに、5勝5敗の勝率だったとしても結果的に利益を残せるのです。最初に連勝さえすれば、後に連敗したとしても利益を残せるというとてもいいメリットもあります。

 

グッドマン法のデメリットは2つあるのですが一つ目は勝ち負けの結果が同じだった場合で進んでいけばグッドマン法の成果が発揮できないという点が一つで二点目は、もし連勝ができなければ利益を見込むことはできないという点です。

 

これらの手法はどのようにして連勝に持っていくかがポイントになってきますので連勝するためにはどうしたらいいかなど考えながらグッドマン法やパーレー法を使っていると自分にしかない必勝法が確立されていくのではないでしょうか。

 

自分専用の必勝法が確立できたなら後はそれを使いながらひたすらカジノを楽しむだけで、楽しみながらお金が入ってくる仕組みを作り上げることができますよね。

 

ギャンブルの醍醐味は勝つか負けるかの大勝負の時にどれだけ冷静に分析してかけることができるかですので、そのチャンスが自分に転がってきた時に冷静に分析するための必勝法を作り上げておかなければそのチャンスを逃す確立は高くなるのではないでしょうか。

 

そのためには、オンラインカジノで様々な必勝法を試して経験値を貯める必要があります。

 

考えて机の上だけで学んでいたとしても実際にやってみないとわからないことがたくさんあります。

 

オンラインカジノでたくさんの学びをしていってください。

 

ギャンブルですので利益を追求するかつリスクを抑えるとなった場合はグッドマン法がオススメです。

カジノの勝ち方カテゴリの最新記事