ココモ法

ココモ法

ココモ法と呼ばれるやり方でマーチンゲール法の変形パターンと言われておりますが、これはレートが3倍以上のゲームがお勧めで有名なのがルーレットでかなり有効な方法と言われております。

 

基本的なマーチンゲール法の考え方とここも法はあまり変わりませんのでゲームに応じて使い分けることができれば歌人をやる上で必要なスキルになってくるのではないのでしょうか。

 

どっちかの方法を知っておけば応用が利くので無駄にたくさんの知識を詰め込む必要がないためカジノの勝率を上げる上で使いやすい方法ではないでしょうか。

 

これからカジノの勝ち方を学ぶ方は最初にマーチンゲール法をしっかりと理解しといたほうがココモ法をしっかり活用できると思うのでまだマーチンゲール法を理解できていない人はまずそちらから学んでいきましょう。

 

このココモ法の優れているという点は一度当たれば今までの負け分が必ず取り戻せる方法ですので是非とも覚えておきたい勝ち方と言ってもいいでしょう。

 

ココモ法を知っていれば資金はマイナスにはならず0かプラスになるのでカジノを長く耶律受けるならばしっかりと学んでおきましょう。

 

まずは100円分賭けたとします。勝ったらそのまま同じように100円分を賭けます。

 

そして負けたら2回目だけはもう一度100円分を賭けます。

 

3回目からは前回と前々回の賭け金を合わせた数、100円分+100円分で200円分、

 

その次は200円分と300円分の500円分といった具合に的中するまで賭け金を増やしていくのです。そして勝ったらまた同じように最初からやり始めます。、スタートの賭け金を1ドルとして例を見ていきましょう。

 

1,2回目で連敗したので、3回目のゲームの賭け金を決める時にココモ法を使います。

 

6回目に勝ったことで1~5回目までの損失を全て取り戻すことができました。

 

1勝したら1セッション終了です。しっかり前々回の賭け金と前回の賭け金をメモしておくようにしましょう。

 

下記によりわかりやすく図を添付しておきましたので是非閲覧してより理解を深めていってください。

 

ルーレットで勝ちたいと思ったらこのココモ法というのを一度は試してみましょう。

 

もちろん賭け金が1万円分しかないのにいきなり千円分からスタートして言ったらすぐに元手がなくなってしまいますよね。

 

ですから最初は100円分や500円分と言ったものからスタートしていきましょう。

 

最初のうちは背伸びをせずに自分の資金にあった掛け方をしていくのがコツで、横で大金を一気にかけてる人がいるからといって負けじと、資金に比べて多くかけてしまうとすぐに資金は底をついてしまいます。

 

そうならないためにも計画的に自分のペースでカジノを楽しんいくことがカジノを利用していくためのポイントになってくるでしょう。

 

ココモ法は他の勝ち方と違って回収率が高い勝ち方として有名な方法ですので是非試してみましょう。

 

ココモ法は勝敗確率1/3、配当倍率(オッズ)2倍のゲームで使用します。ルールは1つで、ゲームを始めて2連敗後に使用することができます。ココモ法のやり方は「前々回の賭け金+前回の賭け金=今回の賭け金」になります。

 

最後にまとめとして ココモ法のメリットは負ければ負けるほど買った時に利益は大きくさらに掛け金の増え方が緩やかなので資金があまりない人でも楽しくカジノで掛け金を増やしていけるでしょう。

 

逆にココモ法のデメリットとしては、掛け金がテーブルリミットの上限にぶつかるt気にはしっかりとした対策が必要になってくるため事前にその状態になったことを想定してシュミレーションしておく必要があり、配当2倍のゲームには不向きなためココモ法は使えないという二点があります。

 

デメリットをしっかりと抑えることができれば確実に勝率は上がっていくでしょう。

カジノの勝ち方カテゴリの最新記事